外壁塗装の工事を依頼する際に自社施工で塗装をしていいくれる業者を探すポイントは?
見分け方の1つとして、まずはホームページを見てみることです、ホームページの内容にはその会社の社員の人数、身内経営をしているのか、営業マンを使っている会社なのかを見分けた方がいいと思います。
営業マンを使っている会社がなぜ悪いのか、基本的には料金が高くなってしまうからです。
その営業マンの分、自社施工でしている会社は、営業経費がかからず、大体が社長自らが現場を見て、見積もりを提出します。
お客様の中では、小さい会社は保証がないのか?
いざとなった時に逃げてしまうのではないか?とか心配があると思いますが、地元で実績のある会社はまず大丈夫でしょう。
後はその自社施工で行ってもらう塗装業者に話をよく聞き、契約証等々で成立出来るのか?
アフターメンテナンスのやり方などを教えてもらえるのか?話し合いの中で、その自社施工してもらう塗装業者と信頼関係を結び、後は工事を一つ一つ見てもらうしかないと思います。
自社施工業者を選んでからのポイントは、ホームページが出ているか?社長自ら見積もりに行くのか?地元実績30年以上あるのか?
最後に公共事業はしているのか?この4つが当てはまる業者はほぼ間違いです。
詳しく外壁塗装の自社施工について書いてあるので参考にしてください。⇒外壁塗装 自社施工

関連記事


    日常生活の中で業者に外壁塗装を勧められた経験がある人もいるでしょう。 外壁がどのような状態になっていて業者に外壁塗装を勧められたのか分からない人も少なくないでしょう。 そこで業者に外壁塗装 勧められた…


    外壁塗装を行う時にどうしてもにおいが気になります。 そこで臭いのでない塗料を調べてみましょう。 弱溶剤型塗料は塗料用シンナーで伸ばし、匂いが出る塗料であります。 しかし、この塗料もメーカーが改良され比…


    inakanoie

    新築から10年そろそろ外壁塗装をするべきかどうか悩む時期に来ていると思います。高いからとずるずる放っておくとマイホームが傷んでしまいます。一般的に10年目を目安に外壁塗装を行うと3倍家は長持ちすると…


    たとえ頼れる業者だったとしても、その外壁塗装がどこよりもリーズナブルだなどとは断言できません。 外壁塗装を考えているなら、失敗することがないように、少なくとも3社の業者に見積もり作成を頼んで、相場を把…


    木造住宅の耐震補強において、屋根の重量を落とす工事は、その他の場所にも影響を与えませんし、転居しないで進めていけますから、家族皆さんの負担もありませんし、ある種手軽にできる工事だと言えます。 フローリ…