概略が明快という根拠により

-

-

間接的クレジットカード使用のやり方は単純です。ハタラクティブハケン

クレジットカードでそのまま購入できない物を直に買い込むのではなく、二次的に買い付けする方がより良いです。

概略が明快という根拠により、まずはギフトカードのモデルを利用して説明してみたいと思います。

例になる女性が価値のある服を買いたいと考えています。

欲しがっている高価な財布を売っている店購入しようとしてもカードで購入することができないのです。

しかしながらJCB、American Express、Diners clubなどの商品券を使えば取引する事を認めてくれるといいます。

ですので例になる女性はカードで商品カードを発注した後で商品券を売っている場所におもむきクレジットカードを使用してMasterCard、NICOSなどの金券を取り寄せしたとします。

そして使用したクレジットカードを活用して買い付けたVISA、MasterCard、Diners clubなどののギフト券を売店に手に持ち訪ね、使いたかったブランドコートを買ったとします。

「なぜその個人はそんな手の込んだやり方をしなければいけないの?」と疑う人もいるでしょうが、実をいうと先ほど示した手法を使うのだったら普通は獲得する事はないクレジットポイントが手に入れられます。

通常、金を払う事で有名な銘柄のアクセサリーを買い取りしたりした時はクレジットポイントはゲットできませんし、VISA、MasterCard、NICOSなどの金券を現金で買い付けした後使ってもカードポイントは獲得できません。

けれども今話したケースの時であるならJCB、NICOSなどの券をクレジットで買ったという根拠で高価なコートを取り寄せした時と同等の分のクレジットカードポイントが獲得できるようになるのです。

こういうケースが直接的でなくカードローンを使った事であるという理由により、直接的でないカードと銘打たれている仕方です。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.originalelf.org All Rights Reserved.